赤ちゃんの沐浴で必要なもの一覧 不要な物を揃えない最低限の出産準備!

スポンサーリンク

2020年8月に初めてパパになった新米パパが、赤ちゃんの沐浴で用意すべき、必要なものをまとめたので、紹介していきます。

■本記事はこんな方にオススメです。
・沐浴の用意は何を揃えればよいかわからない
・沐浴で最低限必要なものを知りたい
・なるべく不要なものは購入したくない

赤ちゃんの沐浴で必ず必要なもの一覧

我が家は出産準備で用意したものだけで、生後6か月まで沐浴をしていました。そのため、以下を用意すれば、生後6か月まで買い足す必要なく沐浴ができます。

赤ちゃんの沐浴にあたり、必ず用意しておくべきものが以下です。

■沐浴時に必ず必要なもの一覧
・6重ガーゼのバスタオル
・6重ガーゼのハンカチタオル
・2重ガーゼのハンカチタオル
・ベビーバス
・洗面器
・ベビーソープ
・ベビーローション
・セラミックファンヒーター(浴室乾燥がない家のみ)
1つずつ解説していきます。

6重ガーゼのバスタオル

6重ガーゼのバスタオルは、非常に分厚く吸水性があるため、大活躍します。

まず、入浴前にお風呂場で赤ちゃんの服を脱がす時に床に敷いてマット代わりにできます。

そして、沐浴後もタオルの上に寝かせればすぐに乾かせ、タオルを裏返すことでそのまま服も着せられます。

6重ガーゼを2回折ると超ぶ厚くて寝かせても安心です。そのために110cm×110cmの大判サイズがオススメです。110cmあれば生後半年でも余裕でマット代わりになりますよ。

なお、我が家は3日に一度洗濯するため、バスタオルは3枚用意しています。

LILY CUPS 2枚組 6重 ガーゼ バスタオル ガーゼケット ベビーバスタオルト ドラーケット 保育園 ベビー タオルケット ベビー 赤ちゃん 出産祝い (2枚組 110*110cm)

6重ガーゼのハンカチタオル

6重ガーゼのハンカチタオルは、髪の毛を乾かす時に使用します。

バスタオルをマットの代わりにしていると、髪の毛までは乾かしづらいので、ハンカチタオルがオススメです。

なお、我が家は3日に一度選択するため、6重ガーゼのハンカチタオルは3枚用意しています。

【あす楽】【クーポン利用で1680円】<アソート4枚入>タオル ベビーハンカチ ガーゼタオル 6重ガーゼ 綿100% ハンドタオル 可愛いキャラクター 通気 赤ちゃん用タオル コットン ふわふわ 30×30cm 赤ちゃん タオルメール便

created by Rinker

2重ガーゼのハンカチタオル

2重ガーゼのハンカチタオルはベビーバスの中で体の泡を洗い流すのに使用します。

6重ガーゼでも代用できますが、ぶ厚すぎるので二重ガーゼの方が使いやすいです。

2重ガーゼはミルクを飲ませるときに口元にそえたりと使い道はいくらでもあるので無駄にはなりません。

こちらも最低3枚用意すれば沐浴では困りません。

ガーゼ手ぬぐい 5枚 セット 日本製 泉州製 和柄 和風 ガーゼ タオル ハンカチ 二重袷 コットン 綿100% 手拭い てぬぐい ミニタオル ハンドタオル フェイス 国産 サクラ 小花 和ウサギ フクロウ ふくろう コスモス キキョウ パンジー ナデシコ ユリ ピンク ブルー

created by Rinker

ベビーバス

新米パパママにオススメなのはリッチェルのふかふかベビーバスです。

ビニール製のベビーバスなので、どこかにぶつけても問題なく、安心して利用することができます。

ふかふかベビーバスR(1個)【リッチェル】[お風呂 ケアグッズ ベビーケア おふろ用品]

created by Rinker

なお、リッチェルのふかふかベビーバスを半年使いまわした感想を以下で記載しているので、こちらも合わせてご確認ください。

初心者のパパ、ママは、リッチェルのベビーバスをお勧めします。持ち運びもラクラクですし、沐浴で万が一、赤ちゃんをぶつけてしまっても安心です!

洗面器

ベビーバスで体を洗うと、どうしても泡がお湯の中に混ざるため、バス内の水は清潔ではありません。

別途お湯を用意して、そのお湯をガーゼハンカチに吸わせ、絞って洗い流すという流れになります。

そのため、洗面器などにお湯を用意する必要があるため、用意が必要です。
普段使用しているものでもよいですし、古くなってしまっているなら買い替えもお勧めです。

湯おけ 洗面器 エミール Emeal ( 湯桶 ウォッシュボール おけ お風呂 風呂 桶 バス用品 バスグッズ 抗菌 銀イオン ag シンプル 風呂用品 お風呂用品 白 )

created by Rinker

ベビーソープ

ベビーソープは泡タイプがオススメです。

赤ちゃんのお肌は弱いため、しっかり泡立てた状態で体を拭いた方がよく、赤ちゃんを支えながら固形タイプで泡立たせるのも大変なので、泡タイプが超便利です。

我が家は、ピジョンのベビーソープを使用していますが、1本で2か月ほどはもちます。

ピジョン 全身泡ソープ 本体(500ml)【KENPO_12】【ピジョン 全身泡ソープ】

created by Rinker

ベビーローション

赤ちゃんのお肌は敏感なので、沐浴で水分を奪われたお肌をしっかり保湿する必要があります。

我が家は、ママ&キッズのベビーミルキーローションを使用しています。

出産するまでママ&キッズを知らなかったのですが、圧倒的支持のある超有名ブランドなので、何を買うか悩まれている方はこちらがオススメです。

ママ&キッズ ベビーミルキーローション(くまのがっこう)150ml

created by Rinker

セラミックファンヒーター

冬場などの浴室・脱衣所が冷えてしまう場合で、浴室乾燥機がないご家庭では必須アイテムです。

我が家のマンションには浴室乾燥機がないため、以下のセラミックファンヒーターを購入しましたが、冬でも暖かい状態にすぐできるのでオススメです。

パナソニック【Panasonic】セラミックファンヒーター DS-FN1200-W(ホワイト)★【DSFN1200W】

created by Rinker

こちらのパナソニックのセラミックファンヒーターは、以下記事で紹介しているので、こちらも合わせてご確認ください。

冬場の赤ちゃんの沐浴で浴室・脱衣所を温かくするためにお勧めしたい暖房器具を紹介しています。

沐浴のために新たに用意しなくてよいもの

沐浴のためだけに新たに用意する必要がないものを紹介します。
■新たに用意する必要のないもの
・沐浴布
・湯温計(水温計)
1つずつ解説します。

沐浴布

「赤ちゃんは裸では落ち着かないので、沐浴布をお腹にかけると落ち着く」というような案内はよく聞くと思います。

そのため、我が家も沐浴布を用意したのですが、結局使用しませんでした。

理由は、以下3点です。

・2重のガーゼタオルで代用できる。
・そもそも沐浴布がなくても暴れなかった
・沐浴布がだんだん冷たくなり逆にお腹を冷やしそうだった

湯温計

生まれたばかりの赤ちゃんは体温調節機能が発達していないため、お風呂の温度は夏場は38,39℃くらい、冬場は40℃前後が適温です。

この温度かを確認するために湯温計を用意する方もいると思いますが、給湯器で温度設定ができるのであれば、それで十分です。

少なくとも我が家は、温度設定をして手で確認するだけで問題なく沐浴を行えました。

最後に

いかがでしょうか。

実際に新米パパとして沐浴を行い、必要だと感じたもの、不要だと感じたものを紹介してきました。

沐浴の必要なものが何かで悩まれている方の参考になっていれば幸いです。

【出産準備】産後3週間を乗り切るために必要なものリスト

沐浴以外にも産後3週間を乗り切るために必要な産前準備のリストを作成しましたので、出産準備がこれからという方は是非お読みください。
出産準備で何を購入したらわからない人、不要な商品を買わないようにしたい人、産後3週間を乗り切るために必要なものリストを作成しているので、是非参考にしてください。

以上

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらフォローしてください

スポンサーリンク
スポンサーリンク