リッチェルわけわけフリージングは離乳食作りで何個必要?15ml 25ml 50mlはどのサイズがオススメ?

スポンサーリンク

本記事では、離乳食の冷凍保存時に大活躍、大人気のリッチェルわけわけフリージングについて紹介しています。

■本記事は、こんな人におすすめ
・リッチェルわけわけフリージングに興味があるけど、何個必要なの
・15ml、25ml、50mlと3種類あるけど、どれから用意すればよいの?

上記のような疑問を持たれている方にオススメです。


生後5ヶ月頃からこれまでの育児に加えて、新たに離乳食が始まります。
パパママのご飯を作りつつ、離乳食作りをする必要があるので結構大変。


しかも、最初は小さじ1杯の10倍粥から始まり、初めての食材もさじ1からと本当に少量です。

そのため、離乳食をまとめて作って冷凍保存するフリージングで、効率的に離乳食作りをするのがオススメです。


そして、冷凍した離乳食の保存にリッチェルのわけわけフリージンがオススメです。

ネットでも大人気の有名商品です。

リッチェルわけわけフリージングの種類

サイズは、15mlと25mlと50mlの3種類が展開されています。

離乳食の初期、中期、後期それぞれに適したサイズが用意されているイメージです。

・15ml×12ブロック

リッチェル わけわけフリージングブロックトレー 15mL×12ブロック 2セット入

created by Rinker

・25ml×8ブロック

リッチェル わけわけフリージングブロックトレー 25mL×8ブロック 2セット入

created by Rinker

・50ml×6ブロック

リッチェル わけわけフリージングブロックトレー 50mL×6ブロック 2セット入

created by Rinker

離乳食って1食どのくらい用意するのか

離乳食の冷凍(フリージング)のために必要なサイズや個数を考えるため、まずは離乳食の1食の分量を考えてみましょう。


離乳食のスタートは、どの食材もスプーン1杯5mlからスタートします。
そして、少しずつ増やしていきます。

離乳食で食べるおおよその量を以下表にまとめましたので、こちらを参考にして保存容器のサイズと必要個数を考えていきます。

※上記の分量は「フリージングで作り置き離乳食」という大人気の以下の本を参考にしています。

フリージングで作りおき離乳食 改訂版 [ 松尾 みゆき ]

created by Rinker

リッチェルわけわけフリージングの必要数、サイズ

先ほどの表からわけわけフリージングの必要個数が見えてきます。


一週間分作り置きするとして、一回分は当日消費するので、6ブロック用意が必要です。
そして、食材を三種類用意するとなると1週間分の冷凍には、18ブロック必要です。


つまり、離乳食初期であれば、15ml×12ブロックのサイズであれば4つ用意すればOKです。そもそもわけわけフリージングは2つで400円程度なので2セット用意すればOKということになります。

離乳食後期であっても、魚類などは1色あたり15ml以下なので、15ml以下のサイズは全部で4つほどあっても困ることはありません。

また、これは好みになりますが、50mlタイプはあまりオススメできません。というのも、解凍に時間がかかるのです。


フリージング食材をまとめて解凍する時に15mlと50mlの食材をまとめて解凍すると、15mlの方は過熱しすぎになってしまいますよね。

15mlは解凍に30秒ほどでOKですが、50mlは解凍に2分以上かかります。

まずは、15ml×12ブロックを2セット(4つ)用意して、様子を見ていくのがオススメです。

リッチェル わけわけフリージングブロックトレー 15mL×12ブロック 2セット入

created by Rinker


とはいえ、我が家は15mlを4つ、25mlを4つ、50mlを4つ購入していますが、完了期にはこれでもギリギリ量です。出汁を毎食分冷凍したり、お米が1食90mlなので大量に消費してしまうからです。

なお、リッチェルわけわけフリージングの数を増やすのではなく、冷凍したものをジップロックのフリーザーパックに移すという方法も有効です。

Ziploc フリーザーパック 中 16枚入

created by Rinker

リッチェルわけわけフリージングは蓋はありますが、完全密封できているわけではないので、衛生面で考えてもフリーザーパックに移すということは有効です。

わけわけフリージングで実際に離乳食を冷凍

以下は離乳食開始1週目の10倍粥を冷凍している写真です。

10倍粥をわけわけフリージングに移しています。

以下のように蓋を閉じることができます。

横から見た写真がこちら。しっかり蓋の役割を果たしています。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、ちょっと捻れば全て浮いてくるので、冷凍したものを取り出すのも簡単です。

離乳食を解凍するときは、お子様の食べる食器に入れてレンジでチンするだけです。

超手軽にできるので、離乳食の冷凍保存は忙しいパパママの強い味方です。

リッチェルわけわけフリージングの評判

冒頭で大人気と記載しましたが、本当にそうなのか、SNSての評判を見ていきます。

良い口コミ

悪い口コミ

なし。

信じられないかもしれないですが、悪い評価がなかったです。それだけ大人気の商品なんだと思います。

離乳食作りでおすすめの便利グッズ

ここからは離乳食作りで実際に使用してよかった便利グッズを紹介していきます。

ハンドブレンダー

離乳食をまとめて作るときにおすすめなのがハンドブレンダーです
私は、ティファールが販売している離乳食専用の「ハンドブレンダーベビーマルチ」を使用しています。


すりつぶしも裏ごしもボタン一つでやってくれるので超ラクです。
こちらは、以下の記事で詳細記載しているので、よかったら読んでみてください。

ティファールのハンドブレンダーベビーマルチを離乳食作りで実際に使用したので、感想を紹介します。

離乳食本

今は何でもインターネットで調べれる時代ですが、離乳食の基礎知識を勉強したり、レシピを調べたりとネットで調べると様々なサイトを比較したりと結構大変です。

そのため、一冊離乳食の本を用意したほうが楽ですよ。


私は、フリージングで作り置き離乳食という本で勉強しましたが、非常によかったのでこちらを紹介します。

初期、中期、後期と日替わりでオススメレシピを記載してくれているので、何も考えずに記載されているレシピを用意すれば、離乳食を順調に進めることができます。

フリージングで作りおき離乳食 改訂版 [ 松尾 みゆき ]

created by Rinker

最後に

いかがでしょうか。
リッチェルわけわけフリージングのサイズや個数で悩まれている方の参考になれば幸いです。

これから離乳食が始まるという方は以下の15ml×12ブロックを2セット用意すればバッチリですよ!

・15ml×12ブロック

リッチェル わけわけフリージングブロックトレー 15mL×12ブロック 2セット入

created by Rinker



リッチェルわけわけフリージング以外の保存容器とも比較したい!という方は以下記事で、離乳食の保存容器のオススメを紹介しているので、こちらも読んでみてください。

離乳食を冷凍保存する保存容器を探されてる方必見!離乳食作り真っ最中の新米パパがオススメの保存容器を紹介していきます!



また、離乳食作りの負担を減らしたいという方はベビーフードを活用することもお勧めです。

お粥を作る手間を省きたい、もう一品増やしたいけど、作るのが面倒くさい、、などの願望を叶えてくれるパパママの強い味方です。

ベビーフードを敬遠されている方ちょっと待って!離乳食作りはベビーフードを上手く活用すると育児負担を大幅に減らせますよ!

以上

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらフォローしてください

スポンサーリンク
スポンサーリンク