【出産準備】赤ちゃん用品の水通しについて

赤ちゃんが生まれる前にベビーグッズを準備される方がほとんどだと思います。赤ちゃんが生まれたらすぐに使用するものとして、肌着、おくるみ、布団などがあります。これらは赤ちゃんの肌に長時間直接触れるものなので、清潔にしておく必要があります。そのために重要なのが、水通しです。この記事では、水通しの方法などについて紹介します。

赤ちゃんグッズの水通しの必要性について

肌着などの赤ちゃんグッズは何故水通しが必要なのでしょうか。水通しを行う主な理由は以下の2点です。

①有毒物質「ホルムアルデヒド」を除去する
②吸水性をよくする

有毒物質「ホルムアルデヒド」を除去する

新品の肌着等は、主にしわ防止、防虫を目的にホルムアルデヒドを使用していることが多いです。赤ちゃんの肌は非常にデリケートなため、こういった薬品が付いているものを直接使用すると肌荒れなどを起こしてしまう心配があります。ホルムアルデヒドは水溶性のため、水通しすることで取り除くことが可能なため、水洗いを行います。

吸水性をよくする

新品の肌着等はのりなどが付いており、肌触りも悪く、また、吸水性も悪い状態です。水通しをすることでのりが取れるため、吸水性がよくなります。赤ちゃんは非常に汗をかきやすいため、水通しをすることは重要です。

水通しが必要なものは何か

赤ちゃんグッズで水通しが必要なものは何かというと、赤ちゃんの肌に直接触れるものは基本的に水通しをした方がよいです。主なものでいうと、以下のようなものです。

・赤ちゃんの衣服
・おくるみ
・布団シーツ
・枕シーツ
・タオル

水通しをする時期について

あまり早く水通しをしてもホコリがたまってしまうなどの心配があるため、妊婦さんがやるのであれば、臨月に入るあたりの出産1か月前程度が良いと思います。旦那さんなどがやるのであれば、入院してからでも十分間に合うと思います。

水通しの方法について

バケツを使用しての手洗いもできますが、洗濯機を使用しての水通しが一番簡単です。目的はホルムアルデヒドやのりを取り除くことなので、洗剤は不要で、水洗いのみで十分です。

■洗濯機使用時の注意点
①洗濯機を綺麗にしてから水通しをする
②赤ちゃん用品と一緒に使用済み衣服を洗わない

洗濯機を綺麗にしてから水通しをする

洗濯機にホコリなどが溜まっている中で水通しを行うと逆に汚れてしまいます。そのため、最低限でも洗濯機のホコリ取りなどは綺麗にしておくべきです。

赤ちゃん用品と一緒に使用済み衣服を洗わない

使用済みの衣服は汚れがたくさん付いているため、新品の赤ちゃんの衣服などと一緒に洗うとかえって汚れてしまう可能性があります。そのため、必ず新品の赤ちゃん用品のみで洗うようにしてください。

水通し後の乾かし方について

水通し後は日光で一気に乾かしてください。ただし、花粉が飛んでいる時期は外干しをしてしまうと逆に汚れが付いてしまう可能性があるので注意が必要です。外干しが出来ない場合は、部屋干しとなりますが、長時間かかってしまうと雑菌が繁殖してしまう可能性があるので、なるべく早く乾くように空気清浄機や扇風機などを使って一気に乾かすようにしてください。

水通し後の保管方法について

水通し後はしっかりたたんで赤ちゃんグッズだけで保管をしてください。雑に保管してしまうとホコリなどが付いてしまうので注意が必要です。

まとめ

赤ちゃん用品の水通しを簡単にまとめると以下の方法です。赤ちゃんが生まれるまで待ち遠しいですよね。しっかり準備をして赤ちゃんを迎えましょう!

①赤ちゃんの肌に直接触れるものは基本的に水通しをする
②水通しは洗濯機でOK。水通し前に洗濯機を綺麗にし、洗剤は不要
③水通し後は日光で一気に乾かす
④きれいな場所で保管する

以上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらフォローしてください