お店でお食い初めをするなら「木曽路」をオススメしたい【費用や感想レビュー】

新米パパが「木曽路」でお食い初めをした感想を記載しています。結論から申し上げると、「木曽路でのお食い初め」はめちゃくちゃオススメです。

お食い初めをするとなると、自宅とお店で悩まれる方も多いと思います。お食い初めをしっかりやろうとすると、食材だけでなく、食器を用意したりと結構大変です。

自宅でやる場合のメリットはもちろん料金面で、インターネットを利用すれば、5000円以下で用意できてしまいます。

お食い初め セット 料理 【楽天1位3冠】これ1つで簡単本格お食い初め【花むすび・えん お食い初め膳 もえみずきプティ】国産天然真鯛 歯固め石 お食い初め手引書 鯛めしレシピ付【人数分の蛤吸・赤飯・祝箸を追加購入可能】 お食い初めセット

価格:4,680円
(2019/11/22 23:29時点)
感想(286件)

ただ、我が家は狭いので両家が集まってやるスペースがなく、お店で開催することにしました。そこで、いろいろ調べた結果、木曽路を利用することにしました。

木曽路を利用した理由

木曽路を利用した理由は以下です。

①お食い初めセットがあること
②完全禁煙であること
③個室であること
④自宅から近いこと
1つずつ説明していきたいと思います。

①お食い初めセットがあること

税込2,750円と比較的安価な料金でお食い初めセットがあります。実際の写真が以下ですが、非常に豪華で、タイも丸ごと一匹ついていて大変満足いくものだと思います。

②完全禁煙であること

赤ちゃんがいるので、完全禁煙であることには拘りたかったのですが、木曽路は基本的に完全禁煙です。もちろん、喫煙室は店舗内に用意されているので喫煙者も安心です。

③個室であること

赤ちゃんもいるので個室であることは重要です。木曽路は、以下のような扉付の掘りごたつ式の完全個室が用意されています。

④自宅から近いこと

我が家から歩いて行ける場所にあるのも決めての一つです。赤ちゃんが一緒にいると遠くのお店は厳しいと思いますが、全国に100店舗以上あるので、皆様の自宅の近くにもあると思いますよ。

木曽路で「お食い初め」をした感想

最初に述べたとおり、大変満足のいくものでした。実際の感想を1つずつ説明していきたいと思います。

①赤ちゃんが横になるスペースを用意してくれる
②個室が非常に広い
③お食い初めの流れを一緒にやってくれる
④写真サービスがある
⑤お食い初めの鯛は持ち帰り可能
⑥料金はやっぱり高い

①赤ちゃんが横になるスペースを用意してくれる

和室の個室でしたが、首がすわっていない赤ちゃんを連れていくため、おくるみ等のクッションになるものを持っていきました。

ところが、以下画像のように、木曽路側で赤ちゃんを横にする空間を用意してくれていました。

これ、本当にありがたいです。生後3ヵ月くらいだと赤ちゃんとの外出に慣れておらず、荷物を多く持ち歩くので、横にするための荷物が不要な点は非常に助かるサービスです。

②個室が非常に広い

大人6名+赤ちゃんで利用しましたが、6名部屋ではなく、6名部屋を2つくっつけた広々とした12名部屋を用意してくれました。

退出タイミングの写真しか撮れていないのですが、非常に広いことがわかると思います。

③お食い初めの流れを一緒にやってくれる

お食い初めは食べる順番であったりといろいろとルールがあります。少し見づらいと思いますが、お食い初めのルールだったりを説明した紙を用意してくれます。

紙を用意するだけでなく、その内容に沿って、全て担当してくれる仲居さんが「お食い初めの儀」を進行してくれます。そのため、その流れに沿ってやっていくだけなので非常に安心して進めることができます。

自宅ではスムーズにできるかわかりませんが、慣れた担当の方が進行してくれるので、安心できますよね。

④写真サービスがある

お食い初めを始める前に、参加者全員での記念撮影をしてくれます。その写真は、食後に印刷して手渡してくれます。枚数も1枚だけでなく、お願いした枚数を用意してくれるので、我が家は4枚いただきました。

一生に残る写真を残してくれるので、大変ありがたいサービスだと思います。

⑤お食い初めの鯛は持ち帰り可能

お食い初めの鯛は持ち帰りが可能なので、無理にランチで食べる必要はありません。お食い初めを昼にした場合、夜ご飯に食べると晩御飯を作る手間も省けて良いと思います。

こんな感じで保冷剤と共に詰めてくれます。

⑥料金はやっぱり高い

ここまで良い点を書いてきましたが、悪い点です。仕方がないですが、やっぱりお店でやる場合は高いです。我が家は日曜日ランチタイムの開催で、合計約4万円かかりました。

個室を利用する場合、サービス料として10%取られるだけでなく、1人最低4,000円(税抜)の料理を頼む必要があるようです。(曜日や店舗によるので、店舗に確認要です)

ソフトドリンクは1杯300円(税抜)と良心的なお値段なのですが、高いコース料金のため、合計で4万円となりました。

ただ、料理としては大変満足いく内容でした。ランチ限定の万葉という4,000円のコースを頼みましたが、以下のような内容で、男性でも十分満足する量です。

・先付やお刺身、茶わん蒸し

・国産霜降り肉のしゃぶしゃぶ

・天ぷら

・ごはん、味噌汁

最後に

いかがでしょうか。自宅でやるよりも高くなってしまいますが、一生に一度の「お食い初めの儀」は綺麗なお店で開催するのはアリだと思います。
実際、私は木曽路で開催して良かったと思います。お店探しをされている方は参考になるとありがたいです。
やっぱり自宅で安く済ませたいという方は、楽天などで5,000円以下で用意できるので、こちらをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらフォローしてください