【2019年11月版/引っ越し値下げ交渉】引越業者の一括見積もりを行い、8万円以上の値下げ交渉に成功した方法とは?

引っ越しは敷金、礼金など多くのお金がかかります。引っ越し費用もばかにならないので、少しでも引っ越し費用を抑えたいですよね。そんな時にオススメなのが引っ越し業者の一括見積もりです。私自身、引っ越しの一括見積りを行い、大幅な値下げ交渉に成功しましたので、記事にします。これから引っ越しをする必要がある方は是非参考にしてください。


引っ越しの一括見積もりで有名な会社は、引越し侍です。多くの業者に一度に見積もりができるので人気なサイトで一括見積もりサイトでも一番有名なサイトだと思います。

引越し侍について

・良い点
270社以上から比較可能。
複数の業者と見積もりの比較ができるので、値下げが期待できる。
・悪い点
比較先が多すぎてどこにすればよいのかわからない。
見積もり時に電話番号登録が必要なため、一斉に業者から電話がかかってくる。

一括見積もりは本当に数分あればできてしまうので簡単にできて手間いらずです。
とにかく引っ越しの値段を抑えたい方はマイナーな業者に依頼することでかなり値段を抑えることができます。ただし、私は保証を含め対応がしっかりされている大手業者にお任せしたい派の人間です。また、今回の論点ではないので簡潔に書きますが、電話は掛けないでほしい旨を見積もり時にコメントを残すことで、私の場合は1社を除きかかってきませんでした。

訪問見積もりについて

一括見積もりを終えたあと、訪問見積もりをすることになります。1LDK以上の引っ越しだと訪問見積もりが必須です。
見積もりの比較先としては、大手のサカイ、アート、アリさんです。

アーク引越センター、ハート引越センターなどの業者もありますが、この3社の値段交渉において全く意味をなさないと思います。大手業者は大手の見積りでないと比較対象としてみてくれないように感じました。また、アーク引越センターは今回、当日に訪問見積もりをドタキャンされ、さらに再調整後も訪問見積もり日を誤認されて散々だったので個人的にはお勧めできません。

一番重要な訪問見積もりの順番

価格交渉において一番重要な訪問見積もりの順番ですが、以下の順番が良いです。理由はこの後の内容を見ればわかります。
1.アート引越センター
2.アリさんマークの引越社
3.サカイ引越センター

私自身の引っ越し見積もり情報

私自身の引っ越し見積もりは以下のような条件でした。
・引っ越し距離
東京都内⇒都外への引っ越し(20km)
・引っ越し時期
3月上旬の金曜日午前中指定
・引っ越し荷物量
一般的なファミリーの荷物量(2tロングトラック 1台分)

各社の引っ越し見積もりについて

それでは、順番に引っ越し見積りを見ていきます。

アート引っ越こしセンター

最初にアートを持ってきたのは、3社の中で値段が一番高いからです。そして、見積額は驚愕でした、、
初回提示金額:28万円
最終見積もり金額:21万円
見積もり詳細を確認すると季節料金としてプラス10万円と記載がありました。これが一番の金額ですが、高すぎてやばいですね。

アリさんマークの引越社

2番手にアリさんを持ってきたのは、サカイを本命としていたからです。

初回提示金額:10万円
最終見積り金額:9万円

ほとんど交渉していないのですが、見積もり比較をしているということを最初に告げていたこともあり、かなり安い値段を提示されました。アリさんは洗濯機の設置なども無料なのが良いですね。

サカイ引越センター

最後に持ってきたのは、本命としていたからです。過去の引っ越しをサカイでやっていて特段不満なく対応してくれていたので安心感がありました。

初回提示額:18万円
最終見積り金額:10万円

アリさんの値段をちらつかせることで8万円以上の値下げに成功しました!

サカイの営業さんとの値段交渉

サカイさんとは1時間以上の交渉をしました 笑
アート、アリさんの提示額を告げずに初回の提示額は18万円!


営業の方がこの値段を提示されたので、「アリさんは10万円を切っています。」と告げ、上司と交渉いただくことで10万円まで下げることができました。
ちなみに、洗濯機設置が通常4000円するのですが、これもつけていただいています。


さらに9万円までの交渉をしたのですが、どうしても上司の許可が下りず、断念。ただし、食器などを包む梱包材、ガムテープなど1万円近くのオプション系を無料サービスいただきました。それならということでお願いしました。


完璧な作戦で見積もりができたと思っています。


特に値段交渉に入る前には洗濯機設置などのオプション系はつけた状態から交渉を開始すると、オプション系をつけることができるのでお勧めです。私はしませんでしたが、契約後に洗濯機設置などはキャンセルできるので、さらに4000円値下げることもできたと思っています。

引っ越し日が混雑しているとこんなに値下げできないと言われたので、引っ越しが決まったらすぐに見積り依頼をすることをお勧めします。

まとめ

■見積もり比較のポイント
1.本命は一番最後
2.交渉時は絶対に他者の金額を提示しない
3.洗濯機設置などの有料オプションをつけた状態で見積りをもらう
4.値段の交渉限界が来たら有料サービスをつけてもらえないか交渉する
5.引っ越し日よりなるべく早く見積り依頼をする

見積もりの際のポイントは上記です。
引越し侍は引っ越しの費用を抑えるために欠かせないと思いますので、ぜひご利用ください。

引っ越しの値下げ交渉を行う際のご参考になれば幸いです。





また、引っ越しで賃貸契約をする場合は自分で火災保険に加入することでかなり節約ができますので、以下の記事も参考にしてみてください。

賃貸契約、更新時の火災保険は絶対に自分で契約すべきです。年間5000円以上の節約ができますよ!

以上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらフォローしてください