【2019年11月版/格安スマホ】最もお得な携帯会社を徹底比較

携帯料金を少しでも抑えようと格安スマホへの変更を検討されている方も多い方と思いますので、オススメの2社を紹介したいと思います。なお、auやDocomoなどのキャリア携帯で5000円以上支払っている方は今すぐ携帯会社を変更した方が良いです。携帯会社を変更しても、今使用している携帯端末をそのまま利用することができます。まずは記事を読んでみてください。

私自身、格安スマホに変更して1年近く経ちましたので、今自分の契約している会社が本当にお得なのか?と改めて思い、徹底的に比較しました。その結果を報告します。2019年10月に大幅な料金変更が発生していますが、その内容を取り込みした最新の記事となります。

格安スマホの比較先

格安スマホの比較先は、料金が安いと有名な会社を中心に以下3社です。

・mineo
・楽天モバイル
・UQモバイル

楽天モバイルが安いという噂を最近よく聞くので、本当に安いのか見ていきたいと思います。3社の料金を記載していくと以下の通りです。

mineo

・契約時の事務手数料:3,000円
・契約プラン(3GB):1,510円
※フリータンクという機能があるため、実質+1GBです。
・10分かけ放題プラン:+700円
・解約手数料:0円
・MNP発行費用:3,000円

新規契約から解約MNPまで実施した場合の合計金額
・2年間合計(かけ放題なし):42,240円
・2年間合計(かけ放題付):52,440円

楽天モバイル



・契約時の事務手数料:3,406円
・契約プラン(2GB、10分以内通話し放題付き)
最初の1年間:1,480円(ダイヤモンド会員は980円)
2年目からは2,980円
・解約手数料:0円
・MNP発行費用:3,000円

新規契約から解約MNPまで実施した場合の合計金額
・2年間合計:ダイヤモンド会員50,926円、一般会員56,926円

UQモバイル



・契約時の事務手数料:0円
・契約プラン(3GB):1,980円
・10分かけ放題プラン:+700円
・解約手数料:0円
・MNP発行費用:3,000円
・現金キャッシュバック:5,000円

新規契約から解約MNPまで実施した場合の合計金額
・2年間合計(かけ放題なし):45,520円
・2年間合計(かけ放題付):53,920円

2年、3年利用時の合計金額一覧

2年、3年経ったタイミングで解約した時の合計金額を一覧化すると以下です。

オススメの携帯会社とは

比較してみてお勧めの携帯会社は以下となります。

・通話をほとんど利用しない、ライン通話等の無料通話を利用している方
 mineoが圧倒的に安いです。
・通常通話を結構利用している方
  楽天のプラチナ会員であれば、楽天モバイルが一番お得です。
そうでない場合はUQモバイルがお勧めです。

どの会社と契約するかは電話を多く利用するかが一つの判断材料になると思います。

通話をしない場合

料金だけで見るとmineoが圧倒的に安いです。ただし、通信速度では安定しない部分もあるので、通信速度も意識するのであれば、UQモバイルが非常に良い思います。

通話をする場合

楽天モバイルは1年間の料金は異常に安いので、1年以内に解約するのであれば一番お勧めできます。ただ、都度解約が面倒臭い場合はUQモバイルが安定しています。

まとめ

・通話をほとんど利用しない、ライン通話等の無料通話を利用している方
 mineoが圧倒的に安いです。通信速度も意識するなら、UQモバイルがお勧めです。
・通常通話を結構利用している方
 楽天のプラチナ会員であれば、楽天モバイルが一番お得です。
そうでない場合は、UQモバイルがおすすめです。UQモバイルは当ブログから申し込むことで5000円現金キャッシュバックがあり、お得でもあります。

私自身はマイネオを使用しているので、登録時の記事を以下に記載しているので、こちらも参考にしてください。

【毎月1000円以下も可能】格安スマホのマイネオに変更しました。実質4GBで1,000円以下も可能なマイネオ。他者を寄せ付けない圧倒的な価格安さのコスパです。

また、以下のクラウドバンクで50万円程投資すれば、運用収益で毎月の携帯料金が無料にできてしまいますので、参考にしてみてください。

完全放置で毎月5000円以上稼げているクラウドバンクがめちゃめちゃオススメです。定期預金の代わりに利用しています!

以上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらフォローしてください