Zaifの二段階認証解除について

こんばんは。

今週、携帯電話が壊れてしまったので、携帯の強制初期化を行いました。
強制初期化に伴い、Googleの二段階認証が消えてしまい、Zaifへのログインができなくなったので、解除方法等まとめました。

仮想通貨の取引所は、二段階認証を実施することがセキュリティ上ほぼ必須なので、二段階認証のコードがすべて消えてしまうのは、致命的でした。。。
ただ、二段階認証ができなくなりましたが、バックアップコードを10個持っていたので、まずはそれを使用してログインしました。
ログイン後、二段階認証を解除しようと思いましたが、6桁しか入力できず、解除ができませんでした。

下の画像の「2段階認証トークン」の箇所です。
ninshou.png

おそらく、バックアップコードが流出した場合を考慮しての仕様だと思いますが、バックアップコードで入れても設定変更できないというのはあまり意味がないですよね。。。

そこで、解除方法を調べたら、以下の内容を入力してZaifに問い合わせをする流れでした。
1.Zaifに登録いただいたお客様のお名前、フリガナ
2.Zaifに登録いただいたお客様のご住所
3.Zaifにご登録の日時
4.お取引の履歴
5.zaifにご登録いただいたお客様の電話番号

3、4は正直よくわからないので、本人であることを証明するためにも、初回入金日や最後の取引日などを記載しました。
平日の16時ごろに申請し、19時ごろに運営から連絡がありました。
Zaifは問い合わせフォームの回答が遅いと噂があったので、予想よりは早かったですね。

しかし、本人確認として不十分だったらしく、セルフィー(自身の顔と身分証明書が写った画像送信)が必要とのことで、その日の20時ごろ送信し、その翌日の12時くらいには二段階認証が無事に解除されました。

おそらく、バックアップコードでログインした旨を伝えたので、ログインできてしまうと上記の必要項目がすべてアカウント情報からわかってしまうため、本人確認として不十分で、セルフィーを求められたのだと思います。

結論として、平日の対応ですが、本人確認等をしっかりしながらも、問い合わせの翌日午前中には対応していただけたので、満足の対応でした。

ちなみに、一時的に二段階認証が解除されるため、そのリスク対策として、一時的に売買と入出金を止めてほしいとお願いしましたが、仕様上無理だそうです。
当日のTwitterで不正ログインにより出金されてしまった方がいたので、正直めちゃくちゃ不安でした。。。

とにかく、今回は無事でしたが、
二段階認証のQRコードは登録時にスクリーンショットで撮影し保存しておくこと
がベストだと学びました。

他の携帯電話でも二段階認証を持っておくなど、Googleの二段階認証は端末引き継ぎができないので、事前にいろいろと準備することが重要だと思います。

二段階認証は便利ですが、
認証コードのバックアップコードやQRコード等を持っておかないとかなり不安になりますね。
今回は日本の取引所だったのでよかったですが、海外の取引所はこんなにスピーディに対応できるかもわかりませんし、皆さんもお気を付けください。

以上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よかったらフォローしてください